2nd EP 【TRANSFORMED POP ORGANIZATION】特設ページ

ABOUT

©アサミヤカオリ   

GEEK! GEEK! GEEK!
Transformed Pop Organization
-自在に変態するポップミュージック組織-

Profile

医師(ちくげ)・空間/イベントデザイナー(マツミヤカズト)・カメラマン(zue)という、専門職を生業とする3名の「GEEK」による、音楽制作を中心とした芸術集団。

徳島・香川という地方都市を拠点としながらも楽曲制作や演奏活動のみならず、楽曲と映像表現を融合させた先鋭的な作品制作や現代芸術論等を多面的に制作、発信している。


◆2018年9月 活動開始。同時に5曲入り1st EP『ギーク襲来』リリース。

◆2019年11月 毎年約1.5万人を動員する徳島市万代中央ふ頭のお祭「アクア・チッタ フェスタ」のメインイベント『音楽花火』への楽曲提供(2ndEP収録曲『November』)を行い、打ち上げ花火と同期した本番ステージでの演奏を担当。

◆2019年11月 7曲入り2nd EP『Transformed Pop Organization』を配信リリース。 CDはその価値をリスナーが自由に決める「完全後払い制」としてライブ会場限定で無償配布した。

◆2020年 春 高松市の「サヌキロックコロシアム」、徳島市サーキットイベント「若者たち」等に出演予定だったが新型コロナウィルスの影響でことごとく中止となり、楽曲制作に注力。

◆2020年 夏 SUPER SONIC 出演をかけたオーディション「出れんの!?スパソニ!?」において、1861組中40組の最終候補に選出された。が、これも新型コロナウィルスの影響で延期。引き続き楽曲制作に精を出す。

Member

写真:AWAP

ちくげ

担当:音像(作曲・Vocal・Bass)

現役の精神科医師であり、緻密に計算されていながらもエモーショナルな楽曲を生み出し続ける天性の作曲家。
3歳からエレクトーンを習い、幼少期よりプログレミュージックやジャズ等に幅広く触れる中で中3から作曲を始めた。マツミヤカズトとは高校時代に出会い、音楽を通して親交を深めた。
高校卒業後、医学部に進学。軽音楽部に入部しベースを始める。オリジナルバンド「anticlockwise」を結成し、ほとんどの楽曲の作詞作曲を手がけたが後に解散。

2014年、旧友のマツミヤカズトに声をかけて「bandneon」結成。バンド活動と並行して、徳島市のNPO法人 AQUA CITTAによる企画バンド「POLU」に数曲の楽曲提供をし、中でも『Sing』はPOLUがテレビ朝日系「Music Station」出演した際にも披露された。

2018年初頭、メンバー間のモチベーションの齟齬によってbandneonは活動休止。その悔しさを音楽として昇華すべく、マツミヤメンバーと一念発起しGEEK! GEEK! GEEK!結成。
自身の歴代のバンドでベーシストとして活動してきたが、初めて自らボーカルを担当。
徳島市出身、香川県在住。

Twitter

マツミヤカズト

担当:言説(作詞・映像監督/編集・企画・広報・Guitar・Vocal)

ちくげの高校時代からの盟友。
幼少期から油絵やギターに親しみ、高校ではコピーバンドを組んだり、吹奏楽部でコントラバスを担当したりしていた。
大学では建築学を学び、大手ゼネコンに就職するも「ビルとか家とか時間かかってめんどくさい」という理由でイベントやステージの空間デザイナーに転職。後に独立し、フリーランスとして日本のみならずアジアやヨーロッパ各国で活動する一方で、自主的に映像制作や文筆業に励んでいた。

大阪在住であった2014年ごろよりちくげに誘われてバンド活動を再開(「bandneon」)
文筆業では2017年、処女作で「小説すばる新人賞」の最終選考に残るが、惜しくも受賞とはならなかった。

全曲の作詞とMVの監督、ならびにGEEK! GEEK! GEEK! の様々な戦略・企画をひねり出すことを担当している。ギターなどおまけであり、自分よりいいギターを弾けるやつがいないから弾いているだけである。
また近年では依頼をうけて徳島や香川のバンドのMV監督をつとめている。

徳島市出身、長年東京・大阪在住であったが、当プロジェクトの始動を機に徳島に拠点を移した。

Twitter

個人サイト(matsumiyakazuto.com) 

zue

担当:要塞(Chorus・Manipulator・Drum pad・Keyboard・システム構築・撮影)

長年の盟友同士であったちくげとマツミヤカズトの両名が、新プロジェクトを立ち上げるにあたって声をかけたスーパーユーティリティープレイヤー。

卓越した音響・映像機材の知識と映像・音楽の膨大な知識を最大限に活かし、上記の二人を支える縁の下の力持ち。

本業ではフリーランスのカメラマン・映像作家として日本中、時には海外を飛び回っている。彼が監督・撮影したPOLUの代表曲『Sing』のMVは2018年8月現在、youtubeでの再生回数が57万回に届こうとしている。

身長は目測で約2m。徳島市出身、徳島市在住。

Twitter


※マツミヤカズトが適当に書いていますので事実と異なる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました