「若者たち」へ 〜 club GRINDHOUSE店長・長谷川さんと、徳島と音楽と若者の話 〜 (2/3)

ちくげを解剖する
スポンサーリンク

2019年4月28日(日)に迫った徳島のサーキットイベント「若者たち」。

今回の対談では主催のclub GRINDHOUSE店長・長谷川洋星さんに、なぜ「若者たち」を立ち上げたのか、そしてそれにかける思いを深く聞いてきました。

「徳島」という土壌からなぜこんなにもミュージシャンが輩出されるのか
その独自の音楽シーンについても長谷川さんとちくげの考えが交錯する、読み応えたっぷりすぎる全3回となりました。

じっくり読んで、「若者たち」に備えてください!

※進行・編集:マツミヤカズト

第2回

スポンサーリンク

音楽を志す「若者たち」に伝えたいこと

突き抜ける「個性」とは

━━━「若いミュージシャン」について聞いていきたいんですが、ものすごく言い方悪いですが、「全く独自性のない、違いがわからないバンド」っていっぱいいると思うんですよ。見終わっても何も覚えてないっていう。

長谷川 ありますよ(笑)
でもバンドでやれることも限られてきて、でもその、大勢いる中で突出した人が売れていくわけで。

ちくげ なにで突出させるかって話になると、もう〜出尽くしたよね。

長谷川 はい。出尽くしてますよね。

 

━━━例えばですが、まだ若くて大勢の中に埋もれているようなバンドに対して、その中から突出させるために、長谷川さんがアドバイスするとしたらどんなことを言うんでしょうか。

長谷川 そうですねぇ・・・。
いつも思ってることなんですが、そもそも3人とか4人メンバーがいたとして、それぞれに好きなことがあって、やりたいことやりたくないことがあるわけじゃないですか。
で、「やりたいこと」と「やりたくないこと」の間の微妙なバランスが、各自にあると思うんですよ。
それを全員が、うまいこと合わせることができたら・・・、その絶妙な「バランス」が他のバンドと全く同じになるなんて奇跡は無いはずなんですよ。
だから、そこをもっと突き詰めたら?とは思ってますよね。

ちくげ あ〜、なるほど。

長谷川 若いバンドの子に多いのが、ある売れてる〇〇というバンドに憧れて「〇〇っぽくしたい」っていうのがあったりするんですよ。「〇〇になる」のが目標になってしまう、と。
でも、自分自身が〇〇を好きでいくら憧れてなぞっても、その憧れの人自身が通ってきた音楽と、自分がそれ以前に好きで通ってきた音楽とは違うはずで・・・そこをまず考えるべきなんじゃないのかなとは思いますね。
それこそ、My Hair is Badみたいなバンドって、掃いて捨てるほどいるんですけど・・・
みんなMy Hair is Badになりたいわけじゃないですか(笑)

━━━それは載せていいですか(笑)

長谷川 大丈夫です(笑)いつも言ってることなんで。
でもマイヘアの椎木君は、別に「マイヘア」になりたかったわけじゃなくて、気づいたら「マイヘア」になってたわけで。
ということは、あなただって「あなた」になれる可能性はあるわけやから。

ちくげ うんうん。

長谷川 じゃあ自分が「My Hair is Badが好き」で、「My Hair is Badのメンバーが好きな△△っていうバンドも好き」だと。
でも、「My Hair is Badとは違う□□っていうバンドも好き」っていうのが絶対あるはずなんやから、それをもっと突き詰めていくことが個性を出すことなんじゃないのかなと思いますよね。
その上で、勝敗がどうつくのかは・・・知らんけど(笑)
それはもう、「結果」ですよね。 売れる売れんはわからんけど。

━━━自分に聞くしか無いよ、と。

長谷川 はい。それから逃げてるバンド・・・むっちゃいますよね。

ちくげ あはは(笑)

長谷川 わかるんですけどね・・・。

ちくげ 誰かと一緒のこと突き詰めて、面白いのかなって思ってしまうなぁ僕は。

長谷川 そうですよね。

━━━コピバンすればいいんじゃないっていう。

長谷川 そうですよね。 極論、完璧にX JAPANとかブルーハーツのコピバンができたら、それはそれですごいと思うんです。
でも絶対にそれはできないし、どっかで違う部分が出るじゃないですか。
ってなった時に、その違う部分が一体なんなのかをもっと突き詰めて考えたらいいのにな・・・そうしないのかな・・・と。
そこをみんな逆説的に捉えるじゃないですか。
「みんながこうしてるんで、僕たちは違うことをしよう」みたいな。
でも、それ自体がもう「みんな」に捉われてしまっているという。

もっとシンプルに、「自分はこういうことが得意」だから「こうしよう」「こういうことが好きだ」っていうのを突き詰める方が絶対いいと思うんですけどね。
例えば、THE春夏秋冬とかもう・・・

ちくげ 突き詰めてるよね。

長谷川 わかりやすいですよね。古くさいかもしれないけど、あのテンションでずっとやってるっていうのはほんまにかっこいいですよね。
四星球とかも、「土曜8時」的なテンションでずっとやってるっていう、あのかっこよさ。

THE春夏秋冬 歌に願いを 20150222 TMF15 at Tokushima Awagin hall

 

徳島と県外のミュージシャン

長谷川 でも徳島のミュージシャンは若い人でも、県外に比べたらできてるバンドが多いとは思います。 GEEKみたいな、上の世代の人の個性もすごいですしね。

ちくげ なんか・・・大阪とかのライブハウスにいくと結構あるのが「内輪ノリ」というか「狭い村で回ってる感じ」みたいな。

長谷川 それはわかりますね。ライブハウスによって色があって、たぶんそのライブハウスのイチオシのバンドみたいなんが絶対いて、そのまわりだけでガッとやってしまうみたいな。

ちくげ 人口多いから、そこについてくる絶対数がそれなりにおって・・・でも、その内輪の中からポッと突出したバンドに、ライブハウスもミュージシャンも全員が追随するっていう感じ・・・。
それぞれに「うちはこのバンド推してます」っていう、ライブハウスにブランドがあるような。そこらへんがなんていうか・・・・

長谷川 それは、東名阪ではよくありますよね。僕らの目につかないところでもめちゃめちゃいっぱいあるでしょうし。

ちくげ 大阪で「すごい」と言われているバンドを聴いてもなんか・・・聴いたことある感じがしてしまったり。
なんか、「数の暴力」なんじゃないかと(笑)

長谷川 ははは(笑) でもほんまそうかもしれないですね。
「ワンマンで200人売り切りました」って言うて、じゃあ「すごいバンドなんや」と思って見てみたら・・・・
うわ〜めちゃくちゃ上手に流行りのバンドをコピーしてるなぁ〜
みたいな感じで(笑) で、そこそこ顔が良くて、みたいな。
たぶん都会に行けば行くほど・・・

ちくげ 顕著になるよね。

 

長谷川 狭い「音楽シーン」が成り立ってしまうんですよね。
東京だともう、渋谷・新宿・下北で全然シーンが違ってて、その中でも箱ごとにシーンが違うんですよね。
アメ村とかも、びっくりしますよね。あるライブハウスではもう超ラウドで(笑)

ちくげ わかる(笑)超低音みたいな。

長谷川 でもその近所のライブハウスは超メロディック、その隣はギターロックみたいな。

ちくげ 最近は弾き語り中心の箱も増えてきたしね。

長谷川 あ〜多いですよね。

ちくげ 弾き語りといえば、僕あの「あいみょん」が出てきた文脈がわからなくて。
なんであいみょんが売れたのか。
もう女性シンガーソングライターの頂点を極めて、天下取ったわけやけど。

長谷川 今もう、有線とかでもずっと流れてますよね。

ちくげ 「え、これウケるんや!?」と思って。

長谷川 あれはでも確かに、どういう流れなんでしょうね。
あいみょんの前っていうと誰になるんでしょう。

━━━miwaとか、大森靖子とか・・・

ちくげ あぁ〜でも大森靖子はちょっと違うかな。

長谷川 でも確かに、yuiとかmiwaの流れの後に一旦大森靖子挟んだことによって・・・
「あいみょん」っていうのがすごく新しく見えたんですかね。

━━━大森靖子のおかげで、あいみょんの解釈が可能になったというか(笑)
でも確かに、今この子がウケる、受け入れられるんやっていうのが。

ちくげ そう。意外やった。
たぶん僕が高校生の時に聴いたらCD買ってたと思う。

長谷川 そういうの結構あって。 King Gnuとかも、5年前やったら売れてないかもしれないですよね。

ちくげ King Gnuは今出てきて当然なんかなって思ったなぁ。

長谷川 やっぱいろいろ流れがあって。
一周回って新しいと思われてることってあって、青春パンクとかが今都会のライブハウスで流行ってきてるんですよ。

ちくげ この前ちょっと見たんやけど、メメタァとか・・・

長谷川 tetoとか、ハルカミライとかね。

ちくげ そうやって考えると徳島の音楽シーンって結構独自のものがあるよね。

長谷川 そうですよね。独自路線やと思います。

ちくげ 県外行くと「今徳島アツいよね」とか、たまに言われることがあって。
「ああ、そうなんや」ってう(笑)

長谷川 あはは(笑)

ちくげ 実感はないという。

長谷川 でも徳島はずっとアツいイメージですね。やっぱり他の街にいってもなんか・・・

ちくげ 似たようなバンドが多かったりして。

長谷川 GRINDHOUSEでイベントやるとして、県外からゲストバンド1組、地元から2組の3バンドってよくあるんですよね。で、翌日はそのゲストバンドがツアーで他の県に行ってそこの地元のバンドが5組対バンしますよ、と。
それを見に行ってみると、バンドの数は徳島の方が少ないのに見終わった後の満足感が圧倒的に違うんですよね。
バンドの数は確かに集められるかもしれんけど、いわゆる「売れてるバンド」をなぞってるバンドがすごい多い印象ですね。
徳島のバンドは良くも悪くも個性が強いんで。

ちくげ リスナーとしてもそっち(似たようなバンドを集めた)方が安心なんだろうね。 馴染みのある音の方が。

長谷川 だから・・・中途半端な子が出てきづらい空気感はあるのかもしれないですね、徳島では。
ミュージシャンの数が増えない理由の一個はそこかもしれないです。
演者の母数が増えないのはそういう、ある程度のクオリティーがないと恥をかくんじゃないかっていう・・・。

━━━なるほど。GEEKとか、THE NINJA とか THE春夏秋冬 とか、そういうエグい個性を持った上の世代のバンドがまだ同じステージに立ってると、若い人は「やってみようかな」とならないのかもしれないと。

ちくげ あ〜、やりづらいのかな。

長谷川 それもあるかもしれないですけど、若い子がとりあえず熱量重視でやってるバンドって、わかりやすく「受け入れられてない」んですよね(笑)
そういうのを見ると「あぁ、やっぱダメなんや」と(笑) やっぱ気合いだけではダメなんやなっていう。
「やっぱちゃんとせなあかんのやな」と更に下の世代の子が感じててもおかしくないな、と思いますよね。

徳島の音楽的土壌

 

━━━徳島って、中にいるとわからないですけど、客観的に見るとすごく特殊なのかもしれないですね。音楽力的に見ると。

長谷川 バンドの数もお客さんの数も少ないんですけど、こと「音楽力」みたいなことでいうと強いと思いますね。

 

━━━ 以前、徳島から出てきたミュージシャンを調べたことがあったんですが、驚いたんですよ。 ディック・ミネ、シアターブルック、チャットモンチー、アンジェラアキ、四星球、米津玄師・・・。 人口から見てこれはおかしいんじゃないの、と。 例えば高松とか松山を考えても、全然違うような。

長谷川 ほんとにそうなんですよね。

 

━━━ club GRINDHOUSEさんが、そういう徳島の音楽シーンの中で何か大事な役割を果たしてるんじゃないかと見てるんですが、店長として、いかがですか。

 

長谷川 いやそんな(笑) そこまでの自負はないんですけどね(笑)
でもなんか・・・他のライブハウスの人と話してても、僕個人が圧倒的に音楽が好きやなとは思いますね。
ライブパフォーマンスとしてどう、とか以上に「音楽」としてどうかっていう。
もちろんライブがおもしろいか、おもしろくないかっていうのはあるんですけど・・・やっぱりまずは音楽が好きなんですよね。
未だにヒットチャートとか追いますし、apple music とか geneusとかで UKインディーズを聴いてみたりだとか、そういうことを未だにしてるんですよ。
そしたらなんかこう、わかってくるじゃないですか。

ちくげ 音楽そのものをちゃんと聴いてくれてる。

長谷川 そのぶん、良くも悪くも「売れる/売れない」っていうことに対する感覚が全然ないですよね。「評価される」っていうことが別に、いいことだとも思わないっていうか。

 

 

ちくげ 徳島の音楽的な土壌って、なんなんだろうね? 結構大学の軽音楽部からポッと出てきたりとかするんかな。

長谷川 それもあるんでしょうけど・・・でもやっぱり阿波踊りって大きいんじゃないですかね。 生まれつき音楽に触れてるっていう。

ちくげ あぁ〜。

長谷川 そんなことって無いじゃないですか。小さい頃からあの2拍子があって、そこからそれぞれ自分の好きな音楽に派生していってるわけでしょう。

 

━━━ それ、ずっと都会に出てて思ってたんですが、徳島県民以外の人って、ある特定のリズムとメロディに、あそこまで血がさわぐことってないと思いますよ。 あの、ゾクゾク感というか。「お盆じゃぁ〜〜!」みたいな感覚って。

長谷川 そうですよね(笑) それはあると思います。 根底に刷り込まれてるかもしれないですよね。

ちくげ そうかもね(笑)

長谷川 もう、産まれた時から表拍と裏拍がわかってるじゃないですか(笑) チャンチャ・チャンチャって。 その点で一個リードしてますよね。

━━━ なので、独自のリズムの音楽がある沖縄もミュージシャン多いですもんね。

長谷川 あ〜、確かに。

ちくげ それあるかもしれん。

長谷川 あと、西海岸のパンクバンドとかって、なんかこう、海で遊んでて、その時に鳴ってる、聞こえてる音を自分の音楽で鳴らすようになるらしいんですよ。だからサーフ系のバンドとかって生まれやすいんですよね。その環境が見えるような音楽ですよね。
で、沖縄も海があって、海で遊ぶことで音楽が生まれやすかったりとか。もちろん琉球音楽もあって。
だからやっぱり徳島も、山と川と海と、全部揃ってるんで(笑)

ちくげ 音楽は自然から生まれるんやな(笑)

長谷川 自然の中で遊ぶことで(笑) そこに染み付いた独自の2拍子のリズムがあってっていうのはあるような気がしますよね。

ちくげ なるほど。

長谷川 逆に、例えば仙台とか、広島とか福岡とか、いわゆる地方都市のライブハウスに行って思うのが、すっごくキレイに「東京のコピー」のミュージシャンが多いんですよね。
それはやっぱりそれだけ東京の情報をキャッチしてるってことなんでしょうね。
例えばお店なんかでも、東京で流行った店が仙台でオープンしましたっていうのがすぐ来るんで、文化として東京から流れてきやすいんですよね。
徳島ってそれ、絶対無いじゃないですか(笑)

一同(笑)

ちくげ 真似る文化ではないよね(笑)

長谷川 東京の真似をすることは絶対的に無いんですよ。

ちくげ なんなら「vs東京」とか言い出してるからね。

 

長谷川 そうそう(笑)それの良し悪しは別として(笑)

ちくげ 全然、誰もライバル視してないんやけど(笑)

━━━ あれは素晴らしいコピーですよ(笑) 皆を笑顔にする。

長谷川 戦う戦わんは別にしてね。

ちくげ 幼児が力士に向かっていくような(笑)

長谷川 はい(笑)やっぱり、真似をしようとはしてないなっていうのはもう、全部の文化に関して思いますよね。音楽だけじゃなく。で、別にそれも尖ってるとかじゃなくて。
大阪とかやとやっぱり、「東京に負けへんで」みたいなとこから発想しがちですけど、そういうのともまた違うような。
その良さはあると思いますね。

━━━ さっきの話とも繋がりますね。「対誰か」を意識して作るんじゃなくて、自分から出てくるもので勝負するっていう。

長谷川 そうですね。そういう部分があると思います。
徳島ラーメンとかも、徳島って建築系の、身体を動かして働く人の割合が多いらしくて、そういう人に合った味のものを提供しようとしたらああいう濃いラーメンが産まれたっていう。
「対誰か」じゃない、そういう独自の文化的背景はあると思います。

 

━━━ そういう風土に、割と賢い大学がポンポンとあるっていうのも理由としてあるかもしれないですね。県外から来てる、違う風土から来た人たちもその「音楽力」の中にいるはずですから。それに音楽ってある程度「頭」がないとできないですしね。

長谷川 あはは(笑)

ちくげ 確かに。

長谷川 センスって、生まれつきじゃなくて磨かれるものやと思うんですよね。いわゆる勉学がさほどできなくても、例えば恐竜の名前めっちゃ覚えてるとか(笑)
車とか、ガンダムに異常に詳しいとか。

ちくげ アニメの街になったのもそういう流れがあったのかもしれんね。

長谷川 あ〜、あるかもしれないですね。

ちくげ 県民性の話で言うと、僕のばあちゃんが徳島にきて15年くらいになるんやけど、来た当初に「徳島の人ってまわりの人にあんまり興味ないよね」みたいなことを言ってて(笑)

長谷川 あ〜、そうなんですね(笑)

ちくげ 排他的というわけではないんやけど、「自分は自分」みたいな。
で、最初は若干、付き合いづらいかもみたいなことを言ってたなぁ。
そう言う県民性もまた独自性につながっているのかもしれん。

長谷川 やっぱり徳島から出て成功してるアーティストって、めちゃめちゃ個性強いですよね。

ちくげ やりたいことやりました、みたいな。

━━━ 中途半端に栄えてる地方都市の方が、実は文化的に独特のものが発生しづらいのかもしれないですね。対東京意識があると。

長谷川 そうですね。やっぱり例えば大きい地方都市で、ワンマン200人呼べますよっていうバンドがいたとして・・・まぁ上手なんですが・・・でもそのバンドを、シーンの最先端のバンドにぶつけたとして、まぁ、勝てはしないよな、っていう。

ちくげ そうやなぁ。

━━━ 三番手くらいまではいけるかもしれないっていう。

長谷川 そうそう。そうなんですよね。
とか、その界隈の中で「上がいなくなったら」みたいな話とかね。

 

━━━ こういう徳島の音楽シーンに対する自分での評価が、地元愛の「手前味噌」なのか、それとも「客観的事実」なのかがわからなかったんやけど、最近やっと「あれ、徳島っておかしいな」と思うようになりました。

ちくげ 頭おかしい人多いしな(笑)
僕も大学で軽音部だったんやけど、まぁ昔と今は違うかもしれんけど、徳大のGREENSとかからおかしい人が出てくるイメージがあったり。

長谷川 わかります。ユウレカとか、the circusとか。

ちくげ なんなんだろうね、GREENSのあの感じは(笑)
僕は医軽音だったんですけど、F→C large selectionが出たりとか、あとTHE春夏秋冬のドラムの服部君とかもそうですけど、でも全体の雰囲気としてあんまり外に出ていく感じではないかもね。

長谷川 あ〜、でも医軽音とか鳴教大の人は、将来なりたい目標がしっかりある人たちですからね。確かにちょっと・・・

ちくげ 熱量がちょっと下がるのかもしれんね。

━━━ そんなところからこのちくげが輩出されるとは(笑)

 

第2回目もまだ「若者たち」の話は出ませんでしたが、次回はいよいよ、4月28日に迫ったサーキットイベント「若者たち」についてお聞きします!

長谷川さんがなぜ今、このイベントを立ち上げるに至ったのか。
そこにはこの街の若者と音楽について誰よりも深く考え続けている長谷川さんの思いがありました。

乞うご期待。

長谷川洋星さん(モロヘイヤ長谷川さん)

徳島club GRINDHOUSE 店長
サーキットイベント「若者たち」を主催

徳島のバンドマンを優しく見守り続け、新しいことを次々と仕掛ける若きプロモーター。

タイトルとURLをコピーしました