「若者たち」へ 〜 club GRINDHOUSE店長・長谷川さんと、徳島と音楽と若者の話 〜 (3/3)

ちくげを解剖する
スポンサーリンク

2019年4月28日(日)に迫った徳島のサーキットイベント「若者たち」。

今回の対談では主催のclub GRINDHOUSE店長・長谷川洋星さんに、なぜ「若者たち」を立ち上げたのか、そしてそれにかける思いを深く聞いてきました。

「徳島」という土壌からなぜこんなにもミュージシャンが輩出されるのか
その独自の音楽シーンについても長谷川さんとちくげの考えが交錯する、読み応えたっぷりすぎる全3回となりました。

じっくり読んで、「若者たち」に備えてください!

※進行・編集:マツミヤカズト

第3回

スポンサーリンク

サーキットイベント「若者たち」にかける思い

「若者たち」と「もう若くない者たち」

ちくげ 今回の「若者たち」って、若者だけじゃなくてベテランも出演して、その対比みたいな打ち出し方をしてると思うんやけど、そのコンセプトはどんな狙いが・・・。

━━━ 去年はある一定の年齢で区切って、それより若い人だけでやったんですよね。

長谷川 はい。去年は完全に年齢だけで縛ってやってみたんですよ。
今年そうしなかったのは・・・一番はやっぱり、年齢を縛ったことで去年は出れたのに今年は出れなくなったっていうバンドが多くなってしまって。

ちくげ 純粋に少ないと(笑)

長谷川 あと・・・単純に動員が少なかったんです。思ったより少なくて。
その中で、例えばTHE NINJAが出るとなると、THE NINJAが出るなら行ってみよかなっていう若い子もいると思うんですよ。
それに、年齢が上の人が出てくれると、若いミュージシャンにとってもお手本になるでしょうし、一回そういう縛りは外してもいいかな、と。そこに捉われる必要はないのかなという感じですね。

それに、一回、全員集めてみたい、っていうのがあったんですよ。

ちくげ あぁ〜。

長谷川 GRUNDHOUSEとかCROWBARあたりでよく出演してる人、例えばGEEKとかはこの界隈で言えばベテランですけど、それが一歩、Funky Chickenとか、JIRO’SギターBARにいくと、若手になってくるじゃないですか。
なんで、ライブハウスに出てる世代のバンドを混ぜかえすような感じで、一回グルっと出てもらおうかなという感じですかね。

 

━━━ なるほど。「若さは年齢ではない」的な話が出るのかなと、勝手に思ってました(笑)

ちくげ あはは(笑)

長谷川 あぁ〜(笑) まぁでも、ターゲットがどこになるかですよね。
思った以上に大学生・・・元気ねえなっていう。

ちくげ あぁ、そうなんや。

長谷川 そうなった時に、20代の若者をちょっとこう

ちくげ 士気を上げるみたいな。

長谷川 そうですね。年齢にこだわって、これからも毎年200人レベルの動員でなんとか続けていくよりは、一回ドンと膨らましてしまって。
「なんか『若者たち』っていうイベントがすごい盛り上がってるみたいよ」っていう風にやってしまえば、若い人たちも街に出て来やすいのかなっていうのはあります。
本当に大学生とか、若い人たちに元気がないような気がしてて。

 

━━━ それはバンドが少ないとかってことじゃなくて、もっと芯の部分で、元気がない、と。

長谷川 そうなんですよ。全体の活力量としてってことですね。
で、もちろんバンドも少ないです。
こないだも某大学の卒業ライブ、いわゆる「追いコン」があって、あれは・・・なんていうんでしょう・・・。
とりあえずお客もそこの部員しかいなくて。本当にすごく淡々と、進んでいったんですよ。

ちくげ え、卒業ライブで?

長谷川 はい。多少のまぁ熱のこもったMCもありましたけど、全体の印象としてはものすごく淡々としてましたね。
ところが、ツイッター上ではもう「最高の仲間!」「この日をずっと忘れません!」みたいな感じなんですよ(笑)
え、そんな思い出深い1日だったん、あれ?みたいな(笑)

ちくげ ええええ(笑)

長谷川 いや、部外者の僕がどうのこうのいう話ではないんですが・・・それでいいんかな!?みたいな。たぶんもっと楽しみ方が絶対あるし、それは楽しいことの「入り口」でしかないぞ!っていう(笑)
サークルっていうノリが僕もよくわからないんですが、せっかくの、大学っていう人生で一番自由にできる時間じゃないですか。その間に、社会人になったらできんようなこともいっぱいしたらええのになっていう。
で、その中でライブハウスだとか、バンド活動みたいなものを選んだのなら、楽しみ方を教えてあげたいなっていう思いですよね。
それが「若者たち」を作ったきっかけではあるかもしれないですね。

ちくげ 所属感とか、帰属感みたいなものがあんまりないのかな。

長谷川 そうかもしれないですし、ちょっとビビってる感もあると思うんですよ。
ワッと飛び込んでしまったところに、大きい幸せがあるかもしれないし、大きい失敗もあるかもしれなくて、そこで失敗してしまうことにビビってしまってるのか、割とそれなりの・・・

ちくげ こじんまりと

長谷川 そういうところ(大きい失敗もしない代わりに大きな成功もいらない)に落ち着いちゃってる感じが、印象としてはでかいですね。

ちくげ 最近の医軽音もそうなんかもしれん。

長谷川 いやもう、全サークルがそんな感じな気がしますね。

サーキットイベント「若者たち」を始めたきっかけ

写真:「若者たち 2018」

 

━━━ 長谷川さんはライブハウスで働き始めてどれくらいですか?

長谷川 12〜3年ですね。ここの店長になって3年になりますね。

━━━ その間に無数の「若者」を見てきたと思うんですが、その中でそういう変化を感じて、去年「若者たち」っていうイベントを立ち上げたわけですね。

長谷川 そうですそうです。

━━━ やっぱり、変化は感じるもんですか?

長谷川 いやもう、全然違いますね。

ちくげ 違うんだろうなぁ。

長谷川 それこそ、血眼とかFOOL THE PUBLICがいた3〜4年前と今でも違うと思いますね。
う〜ん・・・これ言うと・・・嫌がる子もいるとおもうんですけど・・・
これまでずっと、確実に繋がれて来た「バトン」みたいなものがあるわけじゃないですか、徳島のライブハウスシーンで。まぁ、誰が一番最初だったかはわからないですけど。

ちくげ うん。あると思う。

長谷川 僕の目に映った範囲で言うと、F→C large selectionがいて、mohipunchのダイゴさんがいて、HORN HUNTING、BEAT TRAPPERS(THE春夏秋冬のKa-Lowさん在籍バンド)、GOODNESSチームのismさんがやってたmuleがいて、四星球やチャットモンチーがいて、僕のいたPISTOL、NINJAのメンバーがやってたKano、SILVER WIGSやってるせっち君のman-mothやanti 18がいて、そこからPuddings para modeとか、センズリセンチュリーズがいて、とか。
ラビットピース、血眼、れもんぐらす、FOOL THE PUBLICと、ずっと来てたのが・・・途絶えてしまった感があるっすね。
そのバトンが・・・あれ、あのバトンどこいった!?みたいな。

━━━ 最後誰までいったんや、と(笑)

長谷川 そのバトンはMonophony Livesまで渡ったのか、そもそもそこまで繋がれてなかったのか、とかね。
ていうのをすごく感じますね。

━━━ bandneonもGEEKも受け取った記憶は(笑)

ちくげ ちょっと僕らはまた、ね(笑)

長谷川 まぁそうですね(笑)でもそういう、先輩から教えてもらって、っていうのがね。
僕なんてもう四星球からほんまにいろんなこと教えてもらったし、mohipunchのダイゴさん、攻め★ダインもそうですし。
それをいろんな人に伝えて来たつもりだったんですが、いつの間にかそれ、無くなってない!?っていうのは感じますよね。
か、もしかしたら、今誰かがそれを繋ごうとしてくれてるのか。

まぁ、これ言っちゃうと彼らにプレッシャーになると思うんですが・・・でも、Monophony LivesとかLily youth、MOBより下の世代はってなると・・・寂しいですよね。

それが時代的なものなのか・・・。

ちくげ なんていうか、「引き継ぐ流れ」というよりは、個々の「点」になってきたんかもしれん。

長谷川 あ〜、そうなんかもしれません。

ちくげ 例えば、三居知暉君が、誰かからバトンを受け継いであのスタイルになったかっていうとそうではないと思うし。

 

━━━ もうそういう「伝統」みたいな匂いのするものって嫌なのかもしれんね。
でも、例えばせつこ(白い朝に咲く/血眼)だとか、THE NINJAみたいな、ほっといたらそんなこと関係なくやってそうに見えた子達が、いつのまにかそのバトンを繋いでくれてたみたいな感覚だったりするんですかね。

長谷川 そうですね。やっぱり、「地元の先輩に憧れてライブハウスに出始めた」みたいなのがあったりして、でもその流れは途切れちゃったかな・・・。
あーでも、こういうこと言うと若いバンドにプレッシャーですよね・・・。

僕らにとっては、THE春夏秋冬とか四星球とかってやっぱり、未だに一番かっこいい先輩やと思うんですよ。売れてる売れてないは別にして。
一番身近におる先輩がやっぱり一番最強って、思っちゃうと思うんですが・・・。
でもそれは、誰のせいとかじゃなくて。僕のせいかもしれないですし。

ちくげ そういう意味でいくと、さっき話が出た大阪とかのライブハウスでこう、守り合って繋いでいく、みたいなのは、いいのはいいのかもしれないよね。

長谷川 ちょっと憧れはありますよね。

ちくげ やってる音楽自体はまぁ、置いといて。

長谷川 そういう意味でも「若者たち」っていうイベントの意味はでかいんですよね。
GEEK! GEEK! GEEK! とかTHE NINJAとかTHE 春夏秋冬に出てもらう意味が。

━━━ GEEKの後、the coopeezですからね。絶対見て欲しいですよね。

ちくげ 超楽しみ。

the coopeez ”永遠に美しく”

 

━━━ こういう話ってね、おじさんの若者批判になったらよくないな、と思ってまして(笑)

ちくげ 昔はよかったみたいなね(笑)

━━━ たまたま我々が、バンドが楽しい、バンドマンにとっていい時代にいたっていう可能性はないんだろうか?ということも一応聞いときたいですね。

長谷川 あぁ〜、なるほど。でもね、サヌキロックとか、モンバスには行くわけですよ、若い人たちも。
そういうイベントでバンドを見たりすること自体は全然今でも楽しんでて、しかも規模も大きくなってて。

まぁニワトリが先か卵が先か、みたいな話になりますが、例えば岡山なんて、中国地方の、「広島の次」の都市なのに、面白いイベントがたくさんあって。神戸だって、COMING KOBEとか、大きいイベントがあったり、かっこいいバンドが何組も排出されてるわけで。
街の大きさはもう言い訳にできないと思うんですよね。それをやるかやらんかっていう話であって。
で、徳島の人の悪いところでもあるんですけど、すぐに「まぁ徳島やしな」って諦めるじゃないですか。それがなんかね・・・ムカつくっす!(笑)

写真:MONSTER baSH websiteより

 

一同(笑)

長谷川 この「若者たち」について言えば、例えば県内の大学の軽音サークルに200〜300人はおるわけじゃないですか。高校生なんて、友達呼ぼうと思えば50〜60人呼べるバンドは今でもザラにいるわけで。
その気になれば身内だけで400人とか集められるわけでしょう。身内じゃない人も集めて800人とかっていう動員を、全く無名の地元のバンドばっかりでも集められるわけじゃないですか。

それを続けていれば「なんかわからんけど、長谷川さんのイベント、知らんバンドばっかりやったけど会場パンパンやったよ」って有名なミュージシャンが来てくれる理由にもなるし、その先1000人とか2000人の大規模イベントになっていくきっかけになるかもしれんわけじゃないですか。

だからもう、やらんことにはね。こうやって地盤を固めて、徳島ローカルシーンが盛り上がっていることを見せていかないととは思います。その足がかりですよね。

やから「時代」とか「地方都市」だからみたいなことがもう、言い訳にならないと思いますね。これだけの数のバンドが出るイベントやって結局GRINDHOUSEも埋まらんような動員だったらもう、この街のシーンには先は無いですよ(笑)

━━━ この先の、ライブハウスっていう商売自体も危ぶんでたりもするんでしょうか?

長谷川 ビジネス的なことを言えば、本当に成り立たない(笑)
徳島ってほんとに、いいバンドは多いんですよ。
で、ことGRINDHOUSEに関して言えば、GRINDHOUSE自体に遊びに来る人数なんて実はめちゃめちゃ多いわけですよ。有名なバンドも来ますしいろんな層に向けたイベントやってますから。
でもその人たちは、ある一定以上の知名度でないと見には来てくれないんですよ。
GEEKとかNINJAとか三居知暉君を目にすることも無いわけです。
でもこんな田舎町でね、たぶん飲み屋とかで言うてると思うんですよ「おれライブハウスとか行ってんねん」みたいな。「お前このバンド知ってる?」とかって。
こんな田舎町でライブハウスに行く人っていうのは結構アンテナ張ってると思うんですよね。
それでも、インディーズミュージシャンは全然彼らに見に来てもらえないわけじゃないですか。
なので、単純に「アンテナの感度を上げてもらう」っていうことですよね。

GEEKとかを今の時点から応援して、その応援が活力になって、そのバンドがビッグになるのならそんな嬉しいことはないと思うんですよ。
一定の知名度までいけば誰でも見に行きたいわ、と。
でもその前から応援するからこその本当の意味での「from徳島」じゃないですか。

っていうか「いいのに」と(笑)

ちくげ あはは(笑)

 

長谷川 これだけいいミュージシャンが出演してるんやから。軽音サークルの子達とかももっとアンテナ張って、良いバンド見つけて、応援したらいいのに、と。
それがきっかけでまた米津玄師みたいな人が出て来るかもしれなくて、そうなったら今度は紛れもなく「from徳島」って言えるわけで。
そういう関係性ができたらいいのになぁと思ってますね。

 

━━━ なぜそうならんのでしょうね。

長谷川 ねぇ。それが難しいですよね・・・。まぁいきなりようわからん人に「あそこのラーメン屋うまいからいってみー」って言われて、写真もなんもなしにその店行くかって言うたら「やっぱりちょっと天下一品いこか」ってなる気持ちはわかりますよね。

でも、例えば雑誌とかで目にしてて「あ、なんか名前聞いたことあるね」ってなると「ちょっと行ってみよかな」ってなったりすると思うんですよ。

ちくげ やっぱりプロモーションの部分になってくるんよね。

長谷川 でもそれは、バンドが頑張ることじゃなくて。
僕としては「バーリトゥード」とか「若者たち」とか、地元のメディアに大々的に宣伝できるようなイベントにどんどん出てもらって、でいつか「え、知らなかったんですか?」「ずっとうちに出てましたよ〜」「みんな知ってましたよ〜」って(笑)

ちゃんと一般の方の目に届くとこまで盛り上げて、で、「盛り上がってましたけど知らなかったんですか?」って言いたいんですよ。

ちくげ あはは(笑)うんうん。

長谷川 まぁでも、長年徳島でライブハウスにいて思うのは、「徳島に足りないもの」っていうものがあるなら、「他の都市に劣っているもの」があるとするならば、ほんとに「数」だけなんですよ。バンドの数もお客さんの数も。熱量はほんとに高いので。

ほんまに「数」さえいれば、すごいいい街になるんですよ。なんとか数を増やしたいんですよね。
見に来る方も「徳島やけんしょぼい」みたいなことを言うんですけど、実は徳島、熱量の部分ではアーティストから好評を得てるんですよ(笑) お客さん少ないだけで(笑)

ちくげ 「数」ね(笑) それはもう国の政策やんな。

長谷川 いやねぇ、もう、そんな多くは望んでないんですよ・・・(笑)
そんな何十万人とかじゃなくていいんで。
だって、このGEEKのコラムとか対談だって、閲覧数で言うたら結構なもんでしょう。

━━━ いやぁ〜どうでしょう。毎日数十人がきてくれてて、たぶん延べ1000人とかですかね。

長谷川 ほら。それが全員来てくれるだけでかなりの人数になるわけで、そんなバンドが何組かいたらすごい人数になるんですよ。
そうやってアンテナ張って、コラム読んでるなら、もう一歩踏み出してこっちに来てよ、と思いますね。
まぁ、数が多けりゃいいってわけでもないんでしょうけど、でも今圧倒的に足りないのは「数」ですよね。

ちくげ 足りんよねぇ、確かに。

長谷川 でも「数」以外はすごいんやでっていうのを、声を大にして言いたいですね。

ちくげ とりあえず僕らは「徳島コンプレックス」を取り払わないといけないね(笑)

 

「若者たち」に集え

写真:「若者たち 2018」

 

長谷川 「若者たち」っていう言葉聞いて、何を思い浮かべます?

━━━ ドラマとかですかね?

長谷川 そうですよね。

ちくげ イベントの名前が「若者たち」って聞いてってこと?

長谷川 いや、いきなり「若者たちって知っとる?」って聞かれて何を思い浮かべるかってことです。

ちくげ あぁ〜、僕もう「元気ない」とかそういう・・・

長谷川 あ、もういわゆる、「今の若い人たち」ってことですね。

ちくげ そうそう。

長谷川 なるほど。たぶんね、こうやって「若者たち」っていうワードについてイメージを聞いたら、みんな答えが違うと思うんですよ。ドラマとか、歌にもいろいろあるし・・・それってすごいことやなって思うんですよ。
普通ドラマのタイトルとか歌のタイトルって、似たものは使わないと思うんですよ。でも「若者たち」っていうワードに対してみんな思い浮かべる作品やイメージがあるってことは、たぶん、それぞれにとって思い出深い「若者たち」があるわけじゃないですか。
それがすごいいいな、と思ってて。

「若者」を集めたから「若者たち」って言うよりかは、「若者たち」っていう言葉の持つパワーやドラマ性が、すごくいいなと思ってて。
だから、徳島に住む若い子にとっては、ドラマとか、曲のタイトルよりも、このサーキットイベントが一番思い出深い「若者たち」になればいいな、と思ってます。

ちくげ 最後にめちゃめちゃいいの出たな!!(笑)

一同 (笑)

━━━ 去年までは本当に「若い」人だけでやってたけど、もっと意味が広がった、と。

長谷川 そうですね。

ちくげ まぁ僕らも若いけどな。まだ「30前後」やし(笑)
とりあえず、年齢とかジェンダーとか、関係ないイベントになってほしいですよね。

長谷川 いっぱい来て欲しいですよね。去年よりはこう、沸々とした熱量は感じてますね。

 

━━━ ではでは、4月28日の日曜日、徳島のサーキットイベント「若者たち」、GEEK! GEEK! GEEK! も出演させていただきますのでね。ぜひ、よろしくお願いいたします。

長谷川 よろしくお願いします!

ちくげ よろしくお願いします!

 

 

 

以上で今回の対談はおしまいです。

長谷川さん、長時間ありがとうございました!

こんな話を聞いてしまったら・・・GEEK! GEEK! GEEK!も微力ながら全力で一緒に「若者たち」を盛り上げたいと思います。

長谷川さん、今後ともよろしくお願いいたします!

長谷川洋星さん(モロヘイヤ長谷川さん)

徳島club GRINDHOUSE 店長
サーキットイベント「若者たち」を主催

徳島のバンドマンを優しく見守り続け、新しいことを次々と仕掛ける若きプロモーター。

タイトルとURLをコピーしました