3rd EP 【∩∪】

3rd EP ∩∪

  

ダウンロード / サブスクリプション

2021.06.19 リリース (配信限定)


収録曲

インヴェイダー / アウトサイダー

作曲:ちくげ 作詞:松宮和人

大体まじないも予言も出鱈目だし
チェックメイトされた挙句 どこもかしこも
インヴェイダー インヴェイダー

罪人となりゃ石を投げてもいいらしい
タイムラインに火をつけろ いつも負けるのは
アウトサイダー アウトサイダー

成れの果ての果て

またつまらぬものを斬ってしまったな
取って付けた正論のトロフィーで文化語る面の皮

ご覧よほら善意だ ご覧よこの景色は果て
成れの果ての果て 成れの果ての果て

Todayless

作曲:ちくげ 作詞:松宮和人

あっという間にもう真っ黒な手を振ってバイバイ
夕暮れの闇とガードレールに反射する月明かり
イエスタデイ イエスタデイ ブランニューデイ
どうせまた幻
イエスタデイ イエスタデイ ブランニューデイ
散ってゆく彩
疾うの昔 枯れた花と退屈な春を待つ
イエスタデイ イエスタデイ

嫉妬も歪みも真っ新な目は知っていたんだ
優雅な暮らしとエンドロールで人生の出来上がり
イエスタデイ イエスタデイ ブランニューデイ
遠い昔話
イエスタデイ イエスタデイ ブランニューデイ
こんなにも愛おしい

真っ暗な道を往け
イエスタデイ イエスタデイ

全部置き去りにして
イエスタデイ イエスタデイ

疾うの昔 枯れた花と退屈な春を待つ
ずっとここで大事な人が帰り来る春を待つ
そうしてまた今日もクソもない惨めな虫になる
どうかこれが最後だと願う いつかの君を想う

イエスタデイ イエスタデイ ブランニューデイ
どうせまた幻
イエスタデイ イエスタデイ ブランニューデイ
散ってゆく彩

Row

作曲:ちくげ 

※Instrumental

月燈

作曲:ちくげ 作詞:松宮和人

在りし日々の月よ 夜を灯せ
昔話のような色彩を照らしてよ
あなたに触れもしないまま遠ざかる

あてどなくもぎ取って回す星に
欲望を一個埋めこんでさ

分かり合ったふりしながら
朝の日がまた顔を出した

ああこれがラストシーンなら
別れと知っていたら
何が違っていたのかな
可笑しいよな

ありきたりな時間よ 針を戻せ
合わせ鏡のような今を曇らせてよ
あなたに届きもしないのに遠回り

どちらかが失って得たものなど
国道沿いに捨てちゃえばいい

混ざり合った無理しながら
誰かの理想をトリアージして

ああ群れをなす嘘つきの言葉を聞きながら
毎日老いていくのかな
悲しいよな

茜さす空の色 風と踊れ
明るく生きなきゃってみんなが言うんだもん
あなたを忘れてもいいかな
一人で今日がまた始まる

在りし日々の月よ 夜を灯せ
昔話のような色彩を照らしてよ
あなたに触れもしないまま遠ざかるだけ

在りし日々の月よ
ありきたりな時間よ

渦と青

作曲:ちくげ 作詞:松宮和人

間違い探しをずっと
繰り返している朝のニュースを
背中じゅう浴びながら踏み出してゆく
同じような毎日へ

どれもこれも捉え方次第なんだ
誰も彼も敵だとしても

その足で悠然と前を向いていけ
踏み出した方角が未来だ
土を蹴って遠くへ
君の時代だファンタジスタ

恥じらう仕草が今日も
どこか似ている 笑っちゃうな
君はいつか独りになる
まだ想像もつかないだろうな

やがて新しい空に好きな色を塗るんだ
優しい君よ 何の規制もない そのアイディアで

群を抜いていけ 渦巻いたブルーの観衆が
その瞬間を待っている 高く旗を掲げて

誰も知らぬ荒野を駆け抜けていけ
涙隠さなくてもいいよ
握り返す手と手 ずっと一緒にいたいけど

遠く遠くへ 踏み出した方角が未来だ
土を蹴って遠くへ 君の時代だ ファンタジスタ

Vomica

作曲:ちくげ 作詞:松宮和人
ゲストドラム:テルシ (from uniTONE / HELLO, SADNESS / boys in blue)

濁った視界の水底を息を止めて泳いでいく
君の好きな淡い色のシャツを着ていた甘い夜

あれはただの春の空洞
飽和した空気の匂い

どこまで行くんだろうか
煙になるんだろうか
僕ら答えも知らないまま

変わってしまったあの人を誰が責められるだろう
正しいと思えば思うほど伸びてゆくよ 嘘の影

交差点のメロディーがずっと
耳を騒がせるよ

どこへ帰るんだろうか
誰か待っているんだろうか
見えないことばかりで嫌だな

まだ止まらない鼓動 聞こえないけど
意味があると思えなくても

これって偽善になるのかな
僕は君と誰かの幸せをただ願うよ
春の底で溺れても

悲しいとか後に置いておこう
僕はここにいるんだよ
思い出せなくても言葉が出なくてもいいから

あの夜空は春の空洞
飽和した空気の匂い

どこまで行くんだろうか
煙になるんだろうか
僕ら答えも知らないまま
見つめていた夜空は空洞


Produced by GEEK! GEEK! GEEK! : ちくげ マツミヤカズト
All music written by ちくげ
All lyrics  written by マツミヤカズト

Drums by テルシ from uniTONE / HELLO, SADNESS / boys in blue (Track 6)


Recorded, mixed & mastered by 森脇大佑 / STUDIO TORIGORO
Art direction & designed by 松宮和人


Thanks! to

竹原司郎 様(ランキン@徳島で暮らして)
渡部 真也 様・大島 薫子 様・北原 七海 様・鈴江愛理 様・佐藤清美 様・奥田憲治 様・島田敏彦 様・中瀧理仁 様

STUDIO TORIGORO, club GRINDHOUSE, TOONICE, AQUA CITTA, 関わってくれた全ての人たち


INTRODUCTION

四国の片隅から突然変異のように先鋭なエレクトロポップを発信してきたユニット「GEEK! GEEK! GEEK!」による3rdミニアルバム。
タイトルの「∩∪」は、数学で使用される「積集合 (かつ) 」と「和集合 (または) 」を示す記号。

世界的変動によってあらゆる活動が制限される中で制作された本作ではこれまでの作品よりも音の数・種類が削られ、「音色」や「声」そのものの音楽的響き、または「発音」や「韻」の扱い方に焦点を絞ったコンパクトで鋭利な個性を持つ全6曲で構成される。

バラバラなようでいてアルバム全体として微妙なバランスが保たれた、ある種のストーリーが完結するように繊細につながった曲達は不自由な日常から離れてマスクを外し1人で過ごすひとときに20分間の美しくなめらかな感情の起伏をもたらす。

2人体制となったGEEK! GEEK! GEEK!の、世界が変わろうとも創作し続ける姿勢を証明する極めて純粋な作家性のこもった楽曲群となった。